連絡

工場排水・産業廃棄費用削減

  実績紹介  

     目的     

コンプレッサーのドレン水(含油廃水)や金型洗浄廃水、食品工場での含油廃水、塗装ブース廃水などの濃厚な廃水については一般的には産業廃棄物として有償で外部廃棄されています。このような廃水の産業廃棄物処理費用は1m3あたり1,200~2,000RMB程度となり、さらに上昇傾向にあります。1日に5m3の廃水を排出しているお客さまにおいては、1年間(330日)で1,980,000~3,300,000RMBもの費用が発生していることになります。

この廃水は一般的な排水処理設備では処理が難しいものですが、「グリストラップ高度処理装置G-ace+」では処理が可能です。設備は全自動運転で、安定して放流基準以下のきれいな処理水を得ることができるため、一般排水として放流することができ、産業廃棄物処理費用を最大で50分の1にまで削減することができます。よって、年間の産業廃棄物処理費用を2,500,000RMB以上削減することも可能になります。

  コストメリットの例  

本システムで処理した場合のコストメリットの一例をご紹介します。

例)今までは5m3/dの廃水をそのまま産業廃棄物として有償引き取りしていたところへ、300L/hの能力の設備を導入した場合

現状のランニングコスト(処理前)

5m3/dの廃液を産業廃棄物として処理する費用 (@1,800RMB/m3として)

 5m3/d×1,800RMB/m3 = 9,000RMB/d

年間費用 (330d/年として)

 9,000RMB/d×330d/年 = 2,970,000RMB/年

お客様の年間費用 : 2,970,000RMB (処理前)

設備導入後のランニングコスト(処理後)

産業廃棄物削減効果 : 削減率98%(50分の1)

 5m3/d÷50 = 100L/d  ・・・ 1日に発生する産業廃棄物を100Lにまで削減できます。

100L/dの濃縮物を産業廃棄物として処理する費用(濃縮物:2,000RMB/m3として)

 0,1m3/d×2,000RMB/m3 = 200RMB/d

年間費用 (330d/年として)

 200RMB/d×330d/年 = 66,000RMB/年

設備のランニングコスト(設備を300L/hの処理能力として)

 グリストラップ高度処理装置G-ace+ = @50RMB/m3として

  5m3/d×50RMB/m3 = 250RMB/d

年間費用 (330d/年として)

 250RMB/年×330d/年 = 82,500RMB/年

お客様の年間費用 : 66,000RMB/年+82,500RMB/年 = 148,500RMB/年(処理後)

→コスト削減メリット

 2,970,000RMB円/年-148,500RMB/年 = 2,821,500RMB/年 (コストメリット